京都市の空き家約11万戸

 

今、住宅は有り余る時代、いや既に有り余っている時代です。その余剰する住宅を如何に再生させ流通させるか、それが行政・京都市ひいては日本経済の課題でもあります。

そこで私たち京都市空き家相談員がボランティアとして、微力ながら、京都市と手を取り現状空き家の問題に対処していこうという趣旨でこのサイトを立ち上げたものです。

何なりとご相談くださいませ。

 

登録番号下京第2803-020号 高下弘之

京都市の空き家条例について

基本理念1

 
●一つ一つの建築物は,京都のまちを構成する重要な要素として,安心安全な生活環境や良好な 景観等の公共的価値を実現するという役割を担っています。そのことに配慮して,建築物の 利用や管理を行いましょう。
 
  • キャプチャ
  • Facebook Social Icon
京都市の空き家条例について

基本理念2

●地域のまちづくり資源として,空き家を積極的に活かしましょう。

●既存建築物を大切に使うという観点から取り組みましょう。

●地域コミュニティの活性化を図るという観点から取り組みましょう。

(京都市空き家の活用,適正管理等に関する条例より抜粋)

 

京都市情報館

『京都市地域の空き家相談員』について

 

京都市との取り決めで相談は無料となっています。

些細なことでも

何でもご相談ください。

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now